インフレータブルカヤックのデメリットとその解決法を紹介!初心者のパパにこそおすすめする理由!

インフレータブルカヤックを3人家族で楽しむ【how to choose】アウトドアアイテム
スポンサーリンク

持ち運びや保管がしやすいため人気があるインフレータブルカヤック!

価格が比較的安いというのも人気の理由!

特に、カヤック初心者のパパが子どもと遊ぶための最初のカヤックとして人気があります!

しかし
『メリット・デメリットについて知ってから購入したい!』

そんなパパも多いはず!

なぜなら、インフレータブルカヤックについて『おすすめモデルはこれ!』という記事は多いけど

  1. メリット
  2. デメリット
  3. デメリットの解決法

この3つを中心にまとめた記事は少ないからです!

そこで今回は、2歳の娘とママの家族3人でインフレータブルカヤックを愛用している私『ベノキ』が以下のことをまとめます!

  • メリット
  • デメリット
  • デメリットの解決法
  • 初心者のパパにインフレータブルカヤックをおすすめする5つの理由
  • おすすめインフレータブルカヤック3選

この記事を読めば、以下のことが分かります!

  • デメリットとその解決法
  • 初心者のパパに人気がある理由
  • 目的に合ったインフレータブルカヤック

デメリットとその解決法を知ることで準備・片付けの時間を短縮できるので

インフレータブルカヤックを使いこなせるようになります!

インフレータブルカヤックがあれば、子どもと楽しめるアクティビティが大幅にふえる!

パパの子育てはもっと楽しくなる!

  1. インフレータブルカヤックとは、空気でふくらませて使うカヤックのこと!
  2. インフレータブルカヤックの5つのデメリット!デメリットの解決法も合わせて紹介!
    1. 乾燥作業に時間がかかる!
      1. 解決法:除湿器をつかう!
    2. 使用後の水にぬれたインフレータブカヤックは重い!
      1. 解決法:インフレータブルカヤックをたたむ前にひっくり返して30分ほど水抜きをする!
    3. 運搬中に水が染み出てきて車内がぬれる
      1. 解決法:70リットル以上のゴミ袋に入れて運ぶ
    4. 空気圧が気温や水温で変化する
      1. 解決法: 10分程度使用したら1度空気圧を確認する1時間以上陸に上げて休憩した時も、使う前に圧を確認する
    5. 小回りが利きにくくスピードがでない
  3. インフレータブルカヤックの3つのメリット!
    1. 使用しない時は空気を抜いてたためるため、どこでも保管できる& 持ち運びがラク!
    2. 1人で持ち運び・準備・片付けができる!
    3. 浮力があるため、他の素材のカヤックより安定性が高い(不沈構造になっている)
  4. カヤック初心者のパパにこそおすすめするインフレータブルカヤック!その4つの理由!
    1. どこでも保管場所できる!
    2. 一人で持ちはこび・準備・片付けができる
    3. 初心者や子供でも乗りやすく安定性がある
    4. サイドの壁が厚く高いため、子供が転落しにくい
  5. カヤック初心者パパにおすすめするインフレータブルカヤック3選!
    1. TOBIN SPORTS Wave break
    2. アドバンスドエレメンツ ファイヤフライ2
    3. AQUA MARINA Betta
  6. まとめ

インフレータブルカヤックとは、空気でふくらませて使うカヤックのこと!

そもそもインフレータブルカヤックとは、浮き輪のように空気をいれてふくらませて使うカヤックのことです!

簡単にいうと、ゴリゴリの浮き輪w

使わないときは空気を抜いてコンパクトに持ち運びや収納ができます!

主に初心者や釣り用に人気があります!

インフレータブルカヤックの特徴や選び方についてさらに詳しくまとめた記事はこちら!

インフレータブルカヤックの5つのデメリット!デメリットの解決法も合わせて紹介!

美しい湖でカヤックを楽しむ

インフレータブルカヤック特有のデメリットを紹介します!

インフレータブルカヤックについて

デメリットは以下の5つ

デメリット
  1. 乾かすのに時間がかかる!
  2. 使用後の水に濡れたインフレータブルカヤックは重い!
  3. 運搬中に水が染み出てきて車内がぬれる!
  4. 空気圧が気温や水温で変化する
  5. 小回りが利きにくくスピードがでない

5つのデメリットに対するベノキ流解決法は以下の4つ!

  1. 乾燥作業時に除湿器を使う!
  2. 使用後、片づける前にインフレータブルカヤックをひっくり返して30分ほど水抜きする!
  3. 70ℓ以上のゴミ袋に入れてからカバンに入れて運ぶ!
  4. 10分程度使用したら1度空気圧を確認する
    長時間休憩した時も、使う前に圧を確認する

デメリットと解決法をセットにして解説します!

乾燥作業に時間がかかる!

インフレータブルカヤック最大のデメリット!

インフレータブルカヤックはPVC繊維でできており、しかも気室内部にも水分が入り込んでいます

そのため、乾燥に時間がかかります!

乾燥作業はしっかりしないと、カビが生えて『においの原因』や『パンクの要因』になるため、洗体&乾燥はきっちり行う必要があります!

ベノキ
ベノキ

乾燥作業がめんどくさすぎて、インフレータブルカヤックを使わなくなる人も多い…私もなれない頃は丸3日ほどかかっていました…

解決法:除湿器をつかう!

脱衣所と浴室で除湿器乾燥
脱衣所と浴室で除湿器乾燥

除湿器を使用すると約半日、自然乾燥だと2日かかります!

船体を水洗いをしたあと

①船底を上にして5~6時間乾燥させる

その後の工程は、除湿器ありかなしかで変わります

除湿器を使用する場合
・船底を下にして除湿器を4~5時間かける

除湿器がない場合
・両サイドの気室に空気を入れて半日ほど乾燥
・空気を抜き、両サイドの気室を広げて1日ほど乾燥

ベノキ
ベノキ

インフレータブルカヤックを使い始めの頃は3日ほどかかっていたので、だいぶ早く出来るようになりました!

乾燥作業について、時短テクニックなどを写真付きでさらに詳しくまとめた記事はこちら!

使用後の水にぬれたインフレータブカヤックは重い!

使用後はとにかく重たいです!

気室が多いほど保水するため船体が重たくなります!

インフレータブルカヤックのコクピットには排水用弁がついているため、コクピットに入った水を抜くことはできます

しかし、使用後は気室内(バルーンとPVC繊維の間)に水が入り込んでいるためすべての水を抜くには時間がかかる…

なので、濡れた状態で持ち帰ることになるりますが、これが異常に重い!

特に、カヤックの空気を抜いてたたんだ状態だと掴む場所がなく抱えて持ち上げることになるため、めちゃくちゃ重い!

ベノキ
ベノキ

使用後に女性一人で運ぶのはかなり厳しい
それくらい重いです、、、

解決法:インフレータブルカヤックをたたむ前にひっくり返して30分ほど水抜きをする!

使用後、片づける前にインフレータブルカヤックをひっくり返して30分ほど放置して水抜きをしましょう!

これだけでも気室内部の水分はだいぶ抜けてくれるので
1人で運べる程度の重さにはなります!

ベノキ
ベノキ

使用したその場で水を抜き切ろうとすると、向きを変えたり船体を斜めにして置いたりとメンドクサイので、30分程度でOK!
完全に乾燥できても、自宅で水洗いしないといけないのであまり意味がない…

運搬中に水が染み出てきて車内がぬれる

水分が気室内部に入り込んであり、水分を抜き切ったと思っても後から少しずつ染み出てきます

そのため、車内に乗せて運ぶと水浸しになります(実体験)

車にルーフキャリアがついていれば、荷台に乗せて問題解決ですが、車内に乗せて運ぶ場合は注意が必要です!

解決法:70リットル以上のゴミ袋に入れて運ぶ

収納バッグに直接入れて車にのせると、少しずつ水分が染み出てきて車内が濡れてしまいます

ポリ袋に入れてからバッグにいれることで車内がぬれることを回避できる&収納バッグもぬれません!

収納バッグがぬれないので、自宅で乾燥作業をする時にバッグを洗って乾かすという手間が減ります!

ベノキ
ベノキ

70リットル以下だとカヤックをおおいきれなかったので、70リットル以上がいいです!(カヤックの大きさによる)

空気圧が気温や水温で変化する

インフレータブルカヤックは、モデルによって入れる空気の量が違います

使用する時は決められた空気圧でふくらませますが
空気圧はその日の気温や水温で常に変化します!

たとえば、規定の圧で空気を入れても使っているうちに水温でバルーン内の空気が冷やされます

すると、気圧が下がるため
使っているうちにバルーンの張りが弱くなってブヨブヨになることがあります

逆に、朝の気温が低い時間帯に空気をいれて日中の太陽光にあてられて気温が上がった場合
中の空気が膨張してバースト(バルーンが破裂)する危険性もあります

解決法: 10分程度使用したら1度空気圧を確認する1時間以上陸に上げて休憩した時も、使う前に圧を確認する

基本的には気温より水温の方が低いので、使っているうちにバルーンの張りが弱くなるパターンがほとんどです!

水温が低くても、だいたい10分程度インフレータブルカヤックを使えば、バルーン内の空気圧が安定してきます

そのため、その日最初に使う時は、10分程度使用したら1度空気圧をチェックしてみましょう!

1度空気圧を調整すれば、半日はチェックせずとも圧を保てます!
※経験上の話なので時間に根拠はありません!

また、休憩中などに陸に上げた場合、日光でバルーン内の空気が暖められて空気圧が高すぎる状態になることがあります

なので、1時間以上陸に上げていた場合は、使う前に空気圧をチェックしましょう!
※経験上の話なので時間に根拠はありません!

ベノキ
ベノキ

カヤックを水の上で使っていれば冷やされるので、圧が高くなることはない

小回りが利きにくくスピードがでない

カヤックの基本構造として
カヤックの外壁が水に接している水面ライン(喫水線)が長いほど速度が速くなります

インフレータブルカヤックの場合、浮き輪にのっているようなものなので、水面に浮いている状態です

そのため、喫水線の長さを確保できずスピードがでにくいです

また、水面に浮いていて波に乗るため、波の影響を受けて流されやすいです

そのため、長時間のツーリングや島と島を渡るなどの使い方には向いていません

これに関しては解決法はなく、素材の選び方の問題です!

インフレータブルカヤックは使いやすさと安定性を重視した素材のため、スピードは出ないと割り切ってつかいましょう!

より中・上級者向けの使い方をしたい場合は、FRP製やポリエチレン製のカヤックが向いています!

FRP製やポリエチレン製など、素材別のメリット・デメリットを解説はこちらの記事へ!

ポジティブに考えれば、スピードがでないインフレータブルカヤックに乗ればパドリングのトレーニングになります!

パドリングの技と体を手に入れることができる!w

ベノキ
ベノキ

インフレータブルカヤックは特有のデメリットがありますが、それ以上にメリットが大きいです!

次は、インフレータブルカヤックのデメリット以上に大きな『メリット』について説明します!

インフレータブルカヤックの3つのメリット!

インフレータブルカヤックのメリットとして以下の3つがあります!

メリット
  1. 使用しない時は空気を抜いてたためるため、どこでも保管できる
  2. 1人で持ち運び・準備・片付けができる
  3. 浮力があるため、他の素材のカヤックより安定性が高い(不沈構造)

順に解説します!

使用しない時は空気を抜いてたためるため、どこでも保管できる& 持ち運びがラク!

インフレータブルカヤックを畳む
全長3.16mのインフレータブルカヤックを畳むとこの大きさに!
インフレータブルカヤックを畳むとフェイスタオル2枚分
畳んだ大きさはフェイスタオル2枚分

インフレータブルカヤック最大のメリット!

浮き輪と同じ様に空気を入れて使用するため、使用しない時は空気を抜いておりたたんで収納できます!

ベノキ
ベノキ

大きなカバン1つ分の大きさ!
(モデルによる)

カヤックの最大のデメリットは、カヤックのサイズが大きく保管がしにくいことです!

アパートやマンション住まいの方の場合、以下のことをする必要があります

  1. 住居の環境をととのえる(部屋の広さを確保する、エレベーターで運べるかなど)
  2. 別に倉庫を借りる

そのため、保管場所に苦労する方が多く、カヤックの購入をあきらめている方も多いはず…

しかし、インフレータブルカヤックなら
カバン1つ分の大きさにまでたためるため、アパートやマンション住まいの方でも問題なくどこでも保管できます!

1人で持ち運び・準備・片付けができる!

カヤックは船体が大きいため、『持ち運び・準備・片付け』に人手が必要です

通常のカヤックでは、車のルーフキャリア(屋根)に乗せて運ぶため、車の機能や人数(カヤック自体が大きくて重たいため、のせるのに2人は必要になる)が必要になります

しかし
インフレータブルカヤックならカバンサイズにたたんで1人で持ち運びができる!

準備も空気を入れるだけなので、なれれば10分程度でできる!

特に小さな子どもがいる家庭では、カヤックなどのアクティビティアイテムの持ち運び・準備・片付けはパパ1人ですることが多いですよね!?

ベノキ
ベノキ

ママは子どもの準備や相手で手一杯!

カヤックの準備にもたついている間に、子供は待ち切れず動き回る…
子供の相手をしているママから

ママ
ママ

カヤックなんていらないから子どもの相手して

なんて怒られることも、、(実体験ですw)
そうなると、カヤックで遊ぶ以前の問題です…

インフレータブルカヤックなら『持ち運び・準備・片付け』を1人で手早くできるため、そんな問題もすべて解決できます!

浮力があるため、他の素材のカヤックより安定性が高い(不沈構造になっている)

インフレータブルカヤックは空気を入れる場所『気室』が多いほど安定性が増します
(大きな浮力体がカヤックの両側にあるため:3輪車のイメージ)

また、1 気室がパンクしても他の気室で浮いているため、急に沈んだりはしません(不沈構造)

そのため、 多気室ほど初心者や子どもと一緒にのるのに向いています!

インフレータブルカヤックのメリットは、カヤック初心者のパパにこそ効果を発揮してくれます!

カヤック初心者のパパにこそおすすめするインフレータブルカヤック!その4つの理由!

インフレータブルカヤックを家族4人で楽しむ

大きなメリット・デメリットがあるインフレータブルカヤックですが
『カヤック初心者のパパにこそインフレータブルカヤックをおすすめする理由』があります!

それは以下の4つ!

  1. どこでも保管できる!
  2. 一人で持ちはこび・準備・片付けができる!
  3. 初心者や子供でも乗りやすく安定性がある!
  4. カヤックのサイドの壁が厚く高いため、子供が転落しにくい!

順に説明します

どこでも保管場所できる!

おすすめする最大の理由です!

アパートやマンション住まいでも保管場所を気にすることなくカヤックを所有できます!

これは他のカヤックにはない大きなメリットです!

カヤックの大きさや保管方法やメンテナンス方法が分からないカヤック初心者パパにとっては、保管場所は最大の問題…

もし、カヤックを保管できる部屋の大きさがあっても、目に見える場所にカヤックがあると子供がいたずらをしてカヤックに傷が付いたり壊れてしまうことも…

子供が小さければ小さいほど、目に見える場所には物を置かない!は鉄則ですよね!

インフレータブルカヤックなら物置や押入れに収納できるため、子供の目を気にする必要がありません!

一人で持ちはこび・準備・片付けができる

家族でカヤックを使用する場合、パパ1人で『持ちはこび・準備・片付け』までをしないといけないことが多いはず!

特に子供が小さい家庭はなおさらですよね!

普通のカヤックを使用する時は

  1. 自宅から車に移動させる
  2. 車の屋根に持ち上げてルーフ(荷台)に固定
  3. 現地到着後、ルーフからとり外し使用する場所まで運ぶ
  4. その他の道具の準備
  5. 遊んだあと、現地での片付け
  6. 車の屋根に持ち上げてルーフ(荷台)に固定
  7. 自宅到着後、ルーフからとり外し自宅まで運ぶ
  8. 自宅でカヤックの洗体、水抜き、乾燥
  9. 保管

これだけの手間がかかります!

カヤックで家族3人以上で乗れるサイズとなると全長3~4mになるため、運ぶだけでも2人以上は必要です

しかし、ママは子供の準備などの対応で手いっぱい、子供は小さくて手伝えないとなると、パパ1人でこなさなければいきません

ベノキ
ベノキ

これだけの手間を1人でこなすのはキビシイ…

しかし!

インフレータブルカヤックならたたんでカバンサイズになるため

  • 1人で運べる!
  • 車の荷物スペースに乗せれるためルーフも必要なし!
  • 現地での持ちはこび・準備(10分程度)・片付けも1人でできる!

これなら子供やママを待たせることなくカヤックが使えます!

初心者や子供でも乗りやすく安定性がある

インフレータブルカヤック以外のカヤック、特に上級者向けのカヤックは船体が細いため、左右に揺れやすく、バランスをとるのがムズかしい…

子供を乗せる場合はさらにバランスをとるのがむずかしく、子供がのれるかどうかは親の技術にかなり左右されます

しかし、インフレータブルカヤックは(多気室タイプほど)他のカヤックより幅が広く安定しているため、子供が多少動いてもほとんど転覆することはありません

特にパパもカヤック初心者のうちは、安定性のあるシットオンタイプのインフレータブルカヤックをおすすめします

サイドの壁が厚く高いため、子供が転落しにくい

インフレータブルカヤックは空気を入れる分、ポリエチレン製シットオンタイプのカヤックに比べ両サイドの壁が高くなっています(種類にもよる)

そのため、子供が予想外の動きをしても転落を防ぐことができます!

ベノキ
ベノキ

実際に2歳の娘を乗せて遊んでいますが、落ちたり転覆したことは一度もない!

特に小さい子供を乗せる場合、子供がバランスを取れないうえに予想外の動きをするため(飛び跳ねたり転がったり…恐ろしい…)、インフレータブルカヤックの多気室タイプ(3気室以上)をおすすめします以上、カヤック初心者パパにこそインフレータブルカヤックをおすすめする理由でした!

  • 陸に近い場所で『安全第一』で子どもを乗せて楽しみたい
  • 自分の技術にも不安がある

そんなカヤック初心者パパにとって
『インフレータブルカヤック』は、安全性・使いやすさ共におすすめです!

値段が安いのも初心者にはありがたいですね!

初回入門編としてインフレータブルカヤックを使い、子供の成長やパパの熟練度に応じて、他のカヤックの購入を検討すると失敗せずに済みます!

インフレータブルカヤックを石垣島の穴場ビーチで娘と使っている記事はこちら!

次は、『カヤック初心者のパパが家族でつかう(子供は低年齢)』ことを想定した、おすすめインフレータブルカヤック3選を紹介します!

カヤック初心者パパにおすすめするインフレータブルカヤック3選!

ここでは、『ベノキ』がカヤック初心者のパパにおすすめしたいインフレータブルカヤックを3つ紹介します!

※親子でのることを仮定しているため、前提条件として定員2名以上・3気室以上』とします

TOBIN SPORTS Wave break

※2022年に外装がミドリ色からオレンジ色に変更になりました。
オレンジの方が上級カヤックに見えてカッコいい!

タイプ:シットオンタイプ
重量:18.4kg
最大積載量:200kg
定員:2人
気室:3
全長:3.3m
全幅:86cm
シート:ハードタイプ/2つ
付属品
パドル×2AirHammerハンドポンプ×1、フィン×2、収納バッグ×1、修理パッチ×1
最安サイト:コストコが最安値!

コストコ29,380円
yahoo!ショッピング 36,000円
楽天57,800円
amazon 再入荷待ち
価格はR4.3.12に更新しています

コストコなら29,380円で購入できます!
 激安!コストコ会員なら絶対コレ!

  • 3気室構造で安定したのり心地
  • 座席はこのみの位置に取り付け可能(カラビナ&マジックテープ)
  • AirHammaerハンドポンプは軽い力で多くの空気をいれられる&電子圧力計付き
  • アルミパドルが2本標準付属!
  • 船首、船尾にフィンを取り付けることで、直進性が良い
  • 最大積載量が200kgまで可能なため、子どもを入れて親子3人でのれる!

ベノキが愛用しているインフレータブルカヤック!なんといっても

コスパ最強!

パドルとポンプもそろってこの値段はダントツで安いです!

付属の空気入れの性能が良く、大容量で空気を入れれるため短時間でふくらますことが出来ます!

また、電子圧力計付きのため空気圧の微調整も簡単にできます!

ベノキ
ベノキ

インフレータブルカヤックは空気圧の調整が必須!
圧がたりないと浮力を保てず、圧が高すぎるとパンクするリスクになる

3気室構造で比較的幅も広く安定しています

サイドの壁が高いため転落を防いでくれるため、特に小さい子供を乗せてツーリングするときに安心して使用できます!

ベノキ
ベノキ

我が家はパパがカヤックの操作、後部座席にママが乗り、ママの足の間に2歳の娘が乗る形でツーリングしている!
サイドの壁が高いため、子供が突発的に動いても落ちそうになったことはない!
もちろん、ママは安全管理に必死ですw

デメリットとしては、船体が大きいため波や水の抵抗を受けやすく、他のカヤックに比べ操作性が悪いこと

ベノキ
ベノキ

沖までいかず30分程度ツーリングする程度なら操作性の悪さも問題なし!
重たい分トレーニングになると思えば、重さもありがたいw

TOBIN SPORTs Wave nreakについて、実際に使用して分かったメリット・デメリットについてまとめた記事はこちら!

アドバンスドエレメンツ ファイヤフライ2

タイプ:シットオンタイプ
重量:14kg
最大積載量:170kg
定員:2
気室:4
全長:3.66m
全幅:86cm
シート:ハードタイプ(エアクッション)/2つ
【付属品】
フォームマット×1枚、収納バッグ×1枚、ダブルアクションハンドポンプ×1個、荷物固定用バンジーコード×1セット、メッシュポケット×1個、パドルホルダー(両サイド)、フォールディングシートバッグ×2個(前・後)
最安サイト:楽天/yahooショッピング


amazon売り切れ中
楽天 54,800円
yahoo!ショッピング 54,800円
  • 船首は細くなっているため喫水線を保ちやすく、波や水の抵抗を受けにくいためスピードにのりやすい!
  • 床面にはフォームマットが付属しています!フォームマットをしくことで、踏みつけによるパンクなどをふせぎ滑りにくく安定したパドリングができるようになります!
  • 収納バッグも付属しているのはありがたい!

インフレータブルカヤックの中で口コミナンバー1のモデル!(ベノキ調べ)

機能、価格は申し分なし!見た目もかっこいいため、「ベノキ」が1番欲しかったインフレータブルカヤックです!

唯一のデメリットは、最大積載量も170kgとやや少ないこと

ベノキ家は家族3人でのることを想定していたため、泣く泣く断念しました…

『パパと子ども、もしくはパパとママ2人でインフレータブルカヤックにのる!』という家庭にはおすすめです!

AQUA MARINA Betta

タイプ:シットオンタイプ
重量:13,5kg
最大積載量:155kg
定員:2
気室:3
全長:4.12m
全幅:80cm
シート:ハードタイプ(エアクッション)/2つ
【付属品】
バッグ、パドル×2、フットポンプ×1、シート×2、フィン×2
最安サイト:楽天/yahooショッピング


amazon43,880円
楽天 40,400円
yahoo!ショッピング 40,400円
  • 2人のりでありながら重量13,5kgの最軽量!
  • パドルも2本付属していて比較的低価格のため、最初の1船に最適!
  • 収納バッグも付属しているのはありがたい!

最大積載量が150kgとやや少ないものの、パドルも付属していて低価格のため、カヤック初心者パパの初めてのインフレータブルカヤックにおすすめ!

重量も13,5kgと軽量のため、女性でも運ぶことができます!

ベノキ
ベノキ

他のインフレータブルカヤックは20kg近くあるため、女性1人で運ぶのはきびしい…

以上、おすすめインフレータブルカヤック3選でした!

まとめ

インフレータブルカヤックについて以下の内容をまとめてきました!

  • デメリット
  • デメリットの解決法
  • メリット
  • 初心者のパパにインフレータブルカヤックをおすすめする5つの理由
  • おすすめインフレータブルカヤック3選

インフレータブルカヤック特有のデメリットとして5つをあげ、それに対する解決法を説明しました!

  1. 乾かすのに時間がかかる!
    解決法 乾燥作業時に除湿器を使う
  2. 使用後の水にぬれたインフレータブルカヤックは重い!
    解決法使用後、片づける前にインフレータブルカヤックをひっくり返して30分ほど水抜きする
  3. 運搬中に水が染み出てきて車内がぬれる
    解決法70ℓ以上のゴミ袋に入れてからカバンに入れる
  4. 小回りが利きにくくスピードがでない!
    解決法:なし!パドリングのトレーニングと思って頑張りましょう!w

インフレータブルカヤックの最大のデメリットとしては、乾かすのに時間がかかることです!自然乾燥だと最短でも2日はかかります…

除湿器をつかうと、半日ほどで乾燥できるためおすすめです!

乾燥作業について、時短テクニックなどを写真付きでさらに詳しくまとめた記事はこちら!参考になると思います!

インフレータブルカヤックのメリットとして以下の3つをあげました!

メリット
  1. 使用しない時は空気を抜いてたためるため、どこでも保管できる
  2. 1人で運搬・準備・片付けができる
  3. 浮力があるため、他の素材のカヤックより安定性が高い(不沈構造)

インフレータブルカヤックの最大のメリットとしては、使用しないときは空気を抜いておりたたんで収納できることです!

カヤック初心者のパパにインフレータブルカヤックをおすすめする理由として、以下の4つをあげました!

  1. 空気を抜いてコンパクトに収納できるため、保管場所をとらない
  2. 一人で持ちはこび・準備・片付けができる
  3. 初心者や子供でも乗りやすく安定性がある
  4. カヤックのサイドの壁が厚く高いため、子供が転落しにくい

おすすめする最大の理由としては
コンパクトに収納できるため、保管場所をとらないこと!

そのおかげで、アパートやマンション住まいでも保管場所を気にすることなくカヤックを所有できます!

ベノキがカヤック初心者のパパにおすすめするインフレータブルカヤックとして3つを紹介しました!

  1. TOBIN SPORTS Wave break
  2. アドバンスドエレメンツ ファイヤフライ2
  3. AQUA MARINA Betta

この3つ中でも、私は【TOBIN SPORTS Wave break】を愛用しています!

TOBIN SPORTs Wave breakについて実際に使用して分かったメリット・デメリットについてまとめた記事はこちら!

カヤックを選ぶ時は
使用するフィールド・人数・乗る人のレベル』に合わせ最適なモデルを選んでください!

それでも、カヤックの購入に悩んでいるパパは、体験するのが1番です!

1度は体験しないと、そもそも『どのように使いたいか』『どこで使えるのか』なんて想定できませんよね!?

前提知識を知った上で実際に体験すると、より具体的に、家庭に合ったインフレータブルカヤックを選べるようになります!

体験ツアーなら、いろいろなカヤックの『乗り心地』や『家族の目的に合っているか』を体験できる!

なにより

カヤックのプロから
『カヤックの操作方法や安全管理のレクチャー』
を受けられる!
まさに一石二鳥です!

休日の家族サービスに活用してください!

以上、インフレータブルカヤックについてでした!

インフレータブルカヤックがあれば、 パパも子供も満足できる休日を過ごせます!
パパの子育てがもっと楽しくなる!

この記事を読んでただいたパパのお役に立てれば幸いです!

パパの育児を楽しもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました